HWD15はタッチパネル搭載の高機能モデル

HWD15

この機種も、NAD11より少し先に登場したWiMAX2+対応の最新機種です。

重量はNAD11よりも重く大きい機種ですが、その分カラーのタッチパネルが搭載されていて、機能性は十分。

WiMAXを初めて運用される方には、操作がわかりやすくておすすめです。

HWD15のおすすめポイント

バッテリーの駆動時間

こちらはNHD11よりも少し長い駆動時間。11時間の連続通信が可能です。

11時間あれば十分ですし、万が一電池が足りなくなってもモバイルバッテリーなどで充電することができます。

ほぼ1日これだけで困ることはないでしょう。

選べる3つの通信モード

HWD15はWiMAXのノーリミットモード。WiMAX2+のハイスピードモード。さらにauの通信エリアを使うことができるプラスエリアモードを選ぶことができます。

この3つの通信モードを使えば、利用できない地域はないといって良いほど安定したWiMAX通信をすることができます。

住んでいる地域がWiMAXの電波の届きにくい方は、この機種を選択されると良いかと思います。

起動時間にも注目

モバイルルーターに求められるのは、使いたい時にすぐ使える機動性です。

その点この機種は、わずか5秒で起動。思い立ったらすぐにインターネットを始めることができます。

 自宅の回線としても利用可能

こちらも別売りのクレードルが発売されているので、自宅の固定回線として使用することも可能です。

クレードルにセットすると、液晶画面が時計の表示になるので、インテリアとして溶け込むことができます。

自宅の固定回線をまとめてしまいたい方にもおすすめです。

大画面で簡単操作

2.4インチのタッチパネル搭載で、本体から様々な操作をすることができます。

初めてモバイルルーターを使用される方にもおすすめで、通信モードの切り替えや各種設定がワンタッチで行えます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です